いろりの里「大平宿」・古民家に泊まろう

 長野県飯田市。ここに時代に捨てられた一つの集落があります。いや、「ありました」と書くべきですね


 「大平宿」。昭和45年に住民は集団移住をしました。今日では住民はいない廃村です。
 現代日本ではさまざまなところにある、山間の一廃村ですが、他の廃村とは全く異なった特徴があります。


 この「大平宿」は、単に廃村では無く、電気・水道が使用でき宿泊ができる江戸時代の建物群として、現在、一般に広く開放されています。
 その特殊な経緯で、「宿泊をすることで建物を守る」という日本でも唯一無二の場所となりました。現代日本では、なかなか行うことができない「薪でおこした火を囲炉裏で直接使う」ことができる日本唯一の場所です。

 建物は湿気が大敵です。この湿気を飛ばすため、囲炉裏で火を焚き、生活体験をしていただくため、広くみなさんに使ってもらっています。

 あなたも「建物を使うことで保存する」、大平宿の生活を体験してみませんか? 江戸時代の古民家に今でも宿泊できます。生活体験の場として是非、試してみてください。


必ず事務所で鍵を受領して下さい!

現地では鍵の受領ができません!!



事務局から大平宿までのMAP(必ず事務局でカギを受領してください)